×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

えどがわ犬猫病院、診療方針、診療内容


えどがわ犬猫びょういん



大切な家族との楽しい日々のお手伝い

アブ

HOME > 診療方針、診療内容

野良猫・地域猫、飼い主の身勝手で処分される動物を減らしたい

今この瞬間にも年間30万頭もの犬猫が飼い主の身勝手で処分されています。
犬の処分数は年々減ってきていますが、猫の数はさほど減らないのが現状です。
そんな不幸な動物たちを減らしたいを信念に獣医師になりました。
野良猫・地域猫は避妊去勢をするだけで不幸な子を増やさない事が出来ます。
みなさんのチカラ、地域のチカラで減らしていく努力をしていきたい。
獣医師 松下 秀雄(まつした ひでお)

ご案内


午前: 9:00~13:00(月~日)
午後:15:00~21:00(木、日曜日は午後休診)
電話 & FAX : 03-3869-8360


犬6種混合ワクチン
犬8種混合ワクチン
狂犬病
猫3種混合
猫4種混合


~3.8kg
3.8kg~5.6kg
5.6kg~11kg
11kg~22kg
22kg~45kg
45kg~


不妊手術は、犬・猫にとっても各種疾患を予防できるというメリットがあり、それは医学的にも証明されています。そのため、当院では飼犬・飼猫に対しても不妊手術おすすめしています。

※犬の場合、体重によって変動します
※術前血液検査は別途となります
※事前に予約が必要です


毎年30万頭もの犬・猫が、飼う人がいないという理由だけで保健所で殺処分されていますが。
そのうちの大半は子犬・子猫です。
当院では、そのような不幸な犬・猫を少しでも滅らせるよう野良猫・地域猫の不妊手術を推進しています。

T.N.R運動をご存知ですか?
T:トラッブ 捕獲器(人道的な)で野良猫を捕獲すること
N:不妊手術 ニュータ一不妊手術(オスもメスも含まれる場合が多い)
R:リターン 元の生活場所に戻してやること(リリースが使われることもある)
飼い主のいない処分されるかわいそうな猫たちがこれ以上増えないという目的で行われる運動です。
地域猫活動においてT.N.Rは欠くことのできない要素になっています。
地域猫とはT.N.Rをやっている人たち地域の情報交換、活動など様々な合意の上で、猫を外で飼うという考え方である。
猫の数をコントロールするために人道的なT.N.R運動が行われるということは非常に有意義なことです。
T.N.R運動にも様々な方法があります。
当病院ではこれらのT.N.R運動を高く評価し、推奨しています。
ご相談、洋しくは当病院までお問い合わせ下さい。